更新歴   H30年〜

              

月日

/曜

更新箇所

更新事項

     青色のアンダーラインが施されている語には、サイト内のリンクが設定されており、すぐにご覧になれます。

@niftyディスク利用状況 /備考
   
H30年    

01月20日

   土

第4節 

洞窟の令嬢の頼み

  レイアウトを読みやすくした。

02月23日

   金 

第2章第8節に

「−2  および「昭和日本の恩人」カンドウ神父の治癒  」を

追加した。

03月30日

   金 

第3節

 洞窟に若い令嬢

 下記のように、説明を詳細にし、野ばらの画像を追加した。

 

  ベルナデッタは真後ろを振り返って見ると、ポプラの木々は、全然動いていない。◆◆ 

 彼女は、もう一方の靴下を脱ごうと、しゃがんだ。

 再び同じような音がした。

 (つまり、音を相次いで計2回聞いたのである。

しかも、それぞれの音の方向は、真後ろからと

真ん前からで、逆方向である。…補注 大魚)

 しかし、今回は、自分の真ん前の木々の枝が、揺れ動いている。

 それは野生のバラであった。

(ルネ・ローランタン著  ”Vie de Bernadette”P.39 では、”rosier sauvage 《=Rosa canina》”)と明記しており、また同じくルネ・ローランタン著”Bernadette vous parle”P.59 では、フランス語で《ronce》=ルルド方言で《sega キイチゴの茂み》と明記している。・・・・・補注は大魚)

 その野生のバラは、洞窟の右側の、ちょうど地面から三メートルぐらいの高さにある、一つの窪(くぼ)みの下にあった。

 

   

04月11日

 

第1章第5節

  警察署長の尋問

1) ルルドの美人の名を「リフォー」を「デュフォー」に改めた。

2) この箇所は、洞窟の令嬢の容貌を具体的に述べている重要な箇所なので、仏語の語句の説明を詳しくした。

    apotitoyee

    ne … que

    peuvent

    y  fair

 

04月19日

同上の節の

 署長の尋問のときの

ベルナデッタの証言

 全体ではなくて、テーブルの背景だけを「空色」とした。
 

04月22日

    日

第1章第6節

  洞窟の令嬢は泉を掘るように命ずる

 第二番目のテーブル(表)の幅を800ピクセルに減少した。
 

04月23日

   月

 同上

 リンクもれの頁(下記)の、リンクの設定をした。

「泉から出る水を貯めるために、ブリキの蛇口が三っついた水槽が、製作され取り付けられた。」

05月18日

   金

第一章 第1節 第3項

 高徳の人ガリコイッツ神父(後に聖人となる)の感化

聖地ベタラム(ルルドの隣村)における「聖母マリアの出現」の入力を再確認した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ベタラムでよく知られている伝説がある。それはこの地での聖母マリアに起因する三つの奇跡にまつわるものである。

 ある日、山あいに流れるガブ川に沿って、羊飼いたちが羊の群れを率いていた。−−−突然、岩の間から非常に明るい光が輝き、彼らの目を惹きつけた。近くに寄ってみたら、そこに美しい聖母の姿があった。

 この知らせは、たちまちレストレ(Lestelle)の村中に響き渡った。

 レストレの人々は、聖母マリア像を設置するチャペルを建設することにした。しかし、そこは、彼らが聖母マリアを発見した場所ではない向こう岸(川の東側)であった。何故ならば、彼らが聖母マリアを発見した(西側の)岸には空き地がなかったからである。

 しかし、マリア像を東岸に置く度に、不思議なことに、必ず、聖母マリアはかわの反対岸(西岸)へ渡って行かれた。

 それでようやく村の人々は、「聖母マリアは(発見された)当初の位置に留まることを望んでおられることを悟った。」

06月09日

   土

第4節 洞窟の令嬢はベルナデッタに頼む。

    「この洞窟に15日間、続けて来て頂けませんでしょうか」

 以下の文を追加、そしてフォントサイズを大きくし、フォントの色を赤色にした。

フランス語訳(ローランタンによる)

 Je ne vous promets pas de vous rendre heureuse  en ce monde, mais dans l'autre.

RL:Berna.v.parle のP.49による

                    また、A.RAVIER.SJ著の

                  ”Ecrits se sainte Bernadette、

                  Paris,Lethielleux,1936”のP.115

                  にも、同様の仏文がある。

 私はあなたに、この世での幸福を与える事を約束しない。しかし、あの世での(幸福は約束する)。        〔HP運営者の直訳〕

06月28日

  金

第3節 洞窟に若い令嬢 現れる  以下の文を追加、その箇所のフォントの色を赤色にした。
 

しかし、片方の靴下を脱いだとき、

激しい突風のような音が、聞こえて来たのです」

 

 仏語の”bruit”は、「物音、異常音」である。プチ・ロワイヤル仏和辞典では、例文に「〜du  tonnerre 雷鳴」を挙げている。このように非常に激しい音の場合に用いられる語である。

 ”coup”は「突風。気象用語では、疾強風。」

 例文として、passer en coup de vent (疾風〔しっぷう〕のごとく通り過ぎる)を、記載している。   (小学館ロベール仏和大辞典による)

     
     
     

TOP頁へ戻る