第5節 ベルナデッタ、警察署長の尋問を受ける               

(群集扇動の疑い)

第四回目のご出現

1858年 

    2月19日

     (金曜日)

 ミエ夫人は「自分が責任を持つから委ねてくれ」と言って、ベルナデッタを自分の家に連れて来た。そこから洞窟へ、秘密裏に連れて行くことが出来る。

 しかし、母のルイーズも行ってみたいし、跡取りのベルナルド伯母も、行きたいと言う。噂は広がって、2月19日には洞窟に来た人は八人となった。

LRJのP70

 参加者八人

第五回目のご出現

    2月20日

     (土曜日)

  参加者30人

第六回目のご出現

    2月21日

    (日曜日)

 毎日、ご出現が繰り返されている。

 群集には、令嬢の姿は見えないが、「脱魂」状態のベルナデッタを見て、熱心にロザリオを唱えている。

LRJのP70

洞窟に来た群衆100人

 2月21日の午後

    (日曜日)

警察へ連行される

 2月21日、日曜日の午後、ベルナデッタは貧しいクラスの子供たちのための勉強を終えて教会から出た後、ルルドの警察署長ジャコメ氏に連行された。

 ルルドには、まだ本当の警察の建物は無かった。署長のジャコメ氏は、自宅の方へベルナデッタを連れて行った。彼の自宅は、教会の広場のすぐ前にあって、教会から50mぐらいしか離れていない。ぞろぞろと人がついて来た。ジャコメ氏は、ベルナデッタだけを自宅の中に入れた。

 ジャコメ氏は机の前に座って、ベルナデッタの尋問を始めた。ベルナデッタの後ろには、税務署の役人エストラード氏とその妹エマヌエリトが立っていた。彼らは熱心な信者であり、この出来事に関心を持っているので、前もって警察署長の許可を受けていたのだ。

 ローランタンの"Bernadette vous parle”

のP424、1858年ルルドの市街地図略図によれば、署長宅は町役場の中の部屋であり、教会と同じ区画にある。

 現在は、当時の署長宅はペラマール広場の慰霊碑付近となっていて、道路を隔てた東隣に、移転したルルド小教区教会がある。

HP運営者

 

ジャコメ警察署長の自宅(Salle de Police)は、ペラマール広場の、この(戦没者)慰霊碑

(Monument aux Morts)の位置にあった。ベルナデッタ当時の教会は、一部が後ろに

写っている観光案内所(青い建物 Office de Tourisme)の位置にあった。

右側(道路を隔てた東隣)に、移転後の現在のルルド小教区教会が見える。

 上の写真で説明すると、正面が戦没者慰霊碑。その真後ろの青い建物が、観光案内所(青い建物 Office de Tourisme)

次の頁へ (尋問での証言−「あれ」は小さな娘の形をして)

TOP頁へ戻る